--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-05-14(Mon)

オーガズムの分類④

今回も膣オーガズムについてだ。
前回、…まだ膣オーガズムを得ていない女性に、膣での気持良さを伝えるには、パートナーである男性の、オス的欲望とは反比例する大脳的欲望を必要とする。つまり、射精による快感欲望を制御する力量が求められる。…の部分まで説明した。
簡単に表現すれば、パートナーである女性がペニスの挿入で、どのような感覚になっているか、注意深く観察する器量が男の側に必要になる。自分の気持良さを優先した時点で、多くの場合は女性に膣快感を与えることは出来ない。膣内の感覚は亀頭やクリトリスのように鋭敏ではない。詳しいことは省くが、膣口と膣壁上部に異なる神経の枝が伸びている。また、最も強く深いオーガズムが得られる自律神経系の子宮膣神経叢がある。
女性が膣壁で感じる神経は存在するが、その感覚は微小なものなので手に取るように感じるものかどうかは怪しい。
筆者の経験則からの結論では、強く圧されるとか抉られる感覚はあるようだ。膣口の亀頭の出入りが気持良かったり、結合角度によって、膣上部を抉るように突くとか圧することで、独特の驚きのような快感を感じることもあるようだ。ただ単に、まっすぐ方向でピストン運動をする行為は、直ぐに馴れてしまい、ドンドン感度が落ちてゆく。主に上部への挿入角度に気を使うことが重要だ。また、人によっては左右に角度を持つことで、強く快感を憶える人もいる。
ピストンもそれなり、挿入角度による抉りもそれなり、最終的には、パートナーである女性の個人差となるが、その女性の個性を早目に見つけることが、セックス上手に繋がる。
最後のとっておきの快感が膣奥、子宮頚から子宮に至る部分で起きるオーガズムだ。これに貢献しているのが、自律神経系の子宮膣神経叢である。この神経は局所的神経ではなく、内臓神経ともいわれるもので、迷走神経に通じる。つまり、自律神経系なので、意識的なコントロールは難しいのだが、反復訓練する事で、条件反射的に自律神経が起動することがある。
迷走神経と云うものはコンサートなどで、女性が興奮して気絶する時に作用する神経で有名だが、読んで字のごとく、作用を自在に制御できない神経である。ただ、経験的には膣奥、子宮頚、子宮を永く強く圧する事で起きる。ゆえに、陰茎に一定の長さが必要であり、硬さも充分である必要がある。ようするに木の棒のような強さが必要だ。経験的にはもう一つ条件があるようだ。それは、出産だ。帝王切開では駄目で、自然分娩した女性の場合、この膣奥、子宮頚、子宮を鍛えたエクササイズがモノを云うようである。新妻より母ちゃんがスケベと云う言い伝えには、それなりの根拠がある。
スポンサーサイト

2012-05-06(Sun)

オーガズムの分類③

オーガズムの分類③は膣内のオーガズムについてだ。
膣内のオーガズムと云う以上、オナニーで異物を挿入する場合も含まれるだろうが、ここでは、ペニスの挿入によって得られるであろうオーガズムについて話す。
膣内におけるオーガズムと云うのは、色んなパターンがあり、ひと言で語るのは非常に難しい。女性自身の体質面、性体験度がベースだが、パートナーの性行為がどのようなものかでも異なるので、千のバリエーションだったり、クリトリスで安直に感じられる快感が得られずに一生を終える女性も結構多い。
抽象的表現にならざるを得ないのだが、膣オーガズムを女性が体感する為には、幾つか重要なポイントはあるようだ。
先ずは、膣内が勃起したペニスを受け入れても苦痛を感じない程度に、訓練されていることが必要だろう。その意味で、肉体的に、生殖器において、一定程度の成長が出来ている必要は最低限あるだろう。つまり、14、15歳とか、初体験とかで膣オーガズムは妄想に近い。万が一の例外はあるかもしれないが。
次に、パートナーが性行為において、女性を気持良くさせるのだ!と云う絶対的意識がないと、行為自体が膣オーガズムに反する行為を行うので、体得し難くなる。
余程自己暗示的とか、熟練により、膣オーガズムを会得している女性は別だが、まだ膣オーガズムを得ていない女性に、膣での気持良さを伝えるには、パートナーである男性の、オス的欲望とは反比例する大脳的欲望を必要とする。つまり、射精による快感欲望を制御する力量が求められる。
膣オーガズムの説明は長丁場なので、一旦ここで切る。
次回にも膣オーガズムの続編を書こう。

2012-05-04(Fri)

オーガズムの分類②

女性のオーガズム的な快感は、個人の一生でも、相手の男性の違いとか、経験度や年齢によって変化する事を覚えておこう。基本的に、オーガズムに至る肉体的部位は乳首等の性感帯。最もポピュラーなクリトリス。膣内。子宮頚に分けることが可能だろう。科学的には、これらの部位で起きるオーガズムは、オーガズムである事に変わりはない。ただ、感じる側の女性が、僅かな違いを体感していると云う事実だろう。
上記の≪感じる側の女性が、僅かな違いを体感している≫の部分は≪感じる側の女性の資質やオーガズムを深く得ようとする意欲の問題ではないか≫に訂正する。

1番オーガズムを得られる可能性が高いのはクリトリスだ。8,9割の女性が何らかの性的快感を感じる。自慰行為においても、ポピュラーに触られる部位である。筆者の知る限り、女性のオナニーの手順としては、乳房や乳首で性欲をたかめ、トドメとしてクリトリスを愛撫することが多いようだ。オナニーで膣内挿入まで試みる女性は少数派といえる。
クリトリスへの愛撫で感じるオーガズムは多くの場合、自己完結で複数回の連続オナニーを行う女性は稀である。深さは、それなりなので充分睡眠導入剤的効果はある。オナニーを熟練させることで、深いオーガズム感まで達する事は可能だろうが、その前に、パートナーとのセックスと云う、異なる領域のオーガズムに移行することが多いようだ。
男性の亀頭と生物発生学的に同じなので、クリトリスは勃起もするが、その差を完璧に確認出来るかどうかは、確実ではない。また同様に射精はしないが、射精同様の虚脱感は伴うので、面白いからと、何度もクリトリス・オーガズムを強制的に行うことは、相手の状況をわきまえる必要がある。苦痛や拷問的行為であり、サドマド行為でも行われるだけに、注意は必要だ。
次回③は膣内のオーガズムについて語る。

2012-05-03(Thu)

オーガズムの分類①

オーガズムの分類?なんだ?そんなものあるなんて聞いたことない、と云う人は多いだろう。
医科学的にそのような解説もない。そうなると、なんだ~作り話かとなるわけだが、そう馬鹿にした情報でもない。
セックスの辞典「性辞苑」によると以下の通り。
『オーガズムとは性行動における性感極期であり、極致な肉体的快感を得る事である。性行動は男女のセックスは当然だが、マスターベーションによって単独で体感することも出来る。一般的に男性のオーガズムは数秒間の射精という現象で完結する。女性のオーガズムは男性に比べ非常に複雑で、個人差も含めると無限のオーガズムがあるのではと思えるほど多様化している。マスターズ&ジョンソンの研究によってオーガズムの現象は確認されたのだが、その辺の詳しい情報は省略。結局、女性にオーガズムが起きるのには生殖行動を優位(受精の確率を上げる)に働かせるメリットがある。おそらく、男性のオーガズムも精子の含まれた精液の射精に寄与しているものと思われる。最近では脳科学やホルモン関連の研究に新しい発見が多くみられるようになり、近い将来オーガズムの科学的解明もより明確なものになることであろう』
今では脳科学分野の観察機能も充実(MRIなど)やホルモン分泌の観察など、オーガズムにおける肉体の変化は科学的に検証されつつある。
しかし、筆者のオーガズムの分類は、必ずしも科学的とは言えない。あくまで多くの女性とセックスを交えたことで得られた経験則に沿っている。
その女性がどの程度の快感、又はオーガズムにまで至っているか、観察した結果での分類である。
まず、女性のオーガズム的な快感は、個人の一生でも、相手の男性の違いとか、経験度や年齢によって変化する事を覚えておこう。
基本的に、オーガズムに至る肉体的部位は乳首等の性感帯。最もポピュラーなクリトリス。膣内。子宮頚に分けることが可能だろう。
科学的には、これらの部位で起きるオーガズムは、オーガズムである事に変わりはない。ただ、感じる側の女性が、僅かな違いを体感していると云う事実だろう。今日はここまで、次回②に続く

2012-05-03(Thu)

女性の名器

巷では、女性の膣の状態を指して、数の子天井とか、巾着とか、ミミズ千匹とか色々と取り沙汰されている。たしかに物理的に、そのような形状や症状を見せる膣はあるだろう。しかし、それはあくまで例外であり、多くはデコボコなどあまりないものである。
巾着などは膣口の狭さを表現しているのだろうけど、入口が狭かったら、それで名器と云うものでもない。仮に、その女性の膣の状況が、上辺に数の子のような粒々があろうと、ミミズを横に並べた洗濯板状況であろうと、膣自体が広々としていたら、多くの場合、物理的にそのような形状が存在しても、殆ど意味をなさない。
基本的には、勃起して挿入されたペニスの亀頭または陰茎と密着することが大前提である。ゆるゆるな膣では、そのような形状があっても無意味になってしまう。
そこそこの密着度があり、初めてその形状が意味を持つことになる。また、亀頭を含めペニスと云うもの、指で確認するのに比べたら、その感覚は相当に劣るので、僅かな形状の違い程度で、一喜一憂は意味がないだろう。
どちらかといえば、若い経験が少ない女性の膣は硬く、熟練や出産を経験した女性の膣は柔らかいものである。男性側が何もせずに、ペニスの挿入だけで、良い感じかどうか判別してしまえば、若い未熟な女性の膣が硬めなので、名器に思える。
しかし、それは間違い、錯覚だろう。筆者が理解する女性の名器は成熟した膣内であり、多少のゆとりすらあるもので充分と考えている。その柔らかな膣内が、性行為によって、大きく変化する様こそが、女性の名器の神髄だと考えている。
つまり、なんという事もない柔らかく、ゆったりとした膣内を自分が行う行為によって変身させていくことで、名器を創出することに尽きると考える。
マルチオーガズムに至った女性の膣内は、生まれつきの巾着、数の子天井、ミミズの存在をより鮮明にする。其の形状を強化して、感度の不確かなペニスに感じさせるのには、オーガズムによる膣内の収縮運動が欠かせないことになる。意識で絞めると云うものではなく、オーガズムでの歓びが、膣を活性化するのである。
この時は、情勢の意志に必ずしも関わらない、膣内の動きが発生して、通常では見られない、凹凸や筋や襞が現れる。最終的には、子宮頚分部が口を開く、亀頭を甘噛みするところまで行き着く。それが本当の名器なのだと思う。
このように、生れつきの名器を名器とよろこんでいる分には中級者だといえる。真の名器に出遭うと云うことは、偶然ではなく、男が努力してオーガズムを醸成に与えた後で、出現する膣の変異なのである。つまり、相手の女性をオーガズムに至らせることなく、名器に出遭いたいと云う望みは、殆ど無意味な願望である。
筆者の経験では、深く挿入し、子宮頚の入口まで侵入する深い結合と圧迫は、時に女性の膣奥から牙のようなものが出てきて、亀頭を噛むような感覚に襲われる。名器は女性のはじめから持ち合わせるものでなく、名器な症状を呈するような快感を与え続けた場合に体験できる、名器中の名器である。
プロフィール

満腹オオカミ

Author:満腹オオカミ
若い時はジゴロと呼ばれ、中年過ぎて悟りの境地に入っている満腹オオカミのような男のブログにようこそ!
しかし、風俗とか援助交際とかに頼ることなく、200人前後の女性と身体の交流が出来たことは幸運だったと言うほかはない。いずれにしても、何時の日か男としての機能を失うのだろうが、気力のあるうちに、若い人々に知るべきことを正しく知って、生身の男女が肉体的交流を愉しむ生き方をして貰いたいという思いだけで書いているブログです。異論反論、賛成も含め、お好きにコメントしてください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。